台北ゲームショウ 2020が開催中止。コロナウィルスの影響で苦渋の判断を下す

2020年3月25日、「台北ゲームショウ 2020」は公式の組織委員会より開催中止が発表されました。

当初は今年2020年2月6日に開催を予定していました。しかし中国でコロナウィルスが発生し、様々な国で感染が広がっていることを考慮し、6月25日~28日に開催日の変更が発表されています。

しかしコロナウィルスは全世界規模に広がり、各国が対応に追われる状況になったことを受け、開催中止の判断が下されました。

公式発表によれば「台湾政府当局は3月19日から外国人の入国制限や100人以上のイベントに対してリスク調査の義務付けなどの対策を実施」したことと、「入国制限により、もともと訪台を予定していた多くの海外の方々の入国が難しくなりました」とのことで、開催中止は世界各国のクリエイターが出展することができなくなったことが大きいようです。

代替策として、公式委員会では「台北ゲームショウオンラインスペシャルコンテンツ」などを予定。自宅待機が望まれる状況に合わせたイベントを考えているそうです。今後については公式サイトを参考にしてほしいとのことで、出典を予定していたクリエイターはチェックして見てください。

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です