Unity技術者向けオンラインセミナー「Unity道場2021.1」6月17日開催、講演者公募中

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが、6月17日(木)開催予定のゲーム開発者向けUnity公式オンラインセミナー「Unity道場 2021.1」の講演者公募を開始しています。

以下、プレスリリースより。

コロナ禍でも、ゲーム開発のTipsや開発事例を講演できるチャンス
当社ではこれまで、参加延べ人数6000人規模を誇る国内最大のUnityカンファレンスイベント「Unite Tokyo」を毎年開催してまいりましたが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止などの観点から、2020年より開催を自粛しております。

「Unity道場 2021.1」は、こうした状況下でUnityユーザーの皆様の講演機会が減少している現状を踏まえ、ゲーム開発者向けにUnityの知見を幅広く共有できる機会として当社が注力していくオンラインセミナーとなります。また、本イベントでは当社から2021年のUnity開発ロードマップのプレゼンテーションなども行い、より多くのUnityユーザーの皆様が本イベントに興味・関心を持ってご参加いただけるよう計画しております。

本日より本イベントの講演者の公募を開始します。講演者の方にはゲーム開発現場で役立つ実践的な手法や事例紹介など、ご自身の知見や自社コンテンツや技術力のPRを行っていただきたいと考えています。詳細は応募要項などをご覧いただければと思います。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000168.000016287.html

なお、今回の講演公募枠は15:00-17:00の2時間です。久々のUnity Japanによる公募ありのイベントなだけあり、多数の応募が予想されてのことか、参加申し込み時のアンケートでは「第二回を希望するか」といった設問も見られました。

イベントURLは以下です。
https://meetup.unity3d.jp/jp/events/1277

Takaaki Ichijo

株式会社ヘッドハイ代表。サークルThrow the warped code outとして『Back in 1995』『デモリッション ロボッツ K.K.』を開発

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です