48時間でゲームを作るイベント「Ludum Dare 47」が開催中。開発スキルを磨いたりアイディアを出したりするチャンス

「Ludum Dare 47」が、2020年10月3日から開催されています。これはわずかな時間で一本のゲームを作る、 “ゲームジャム”というイベントです。

本イベントは今回で47回目を迎える、ゲームジャムの代表的なイベントです。「LDJAM」とも略されるなど、世界の個人ゲームクリエイターに浸透しているイベントでもあります。

このイベントはいくつかのルールを特徴としています。毎回、あるお題が出され、それに沿ってゲームを開発します。開発の制限時間は、1人で参加する場合は48時間で制作し、チームで参加する場合は72時間が設けられています。

過去に参加したクリエイターの意見も参考に

Ludum Dareは英語圏のゲームジャムゆえに、すこし敷居が高く感じられるかもしれません。ですが過去には日本からも数多くのクリエイターが参加しており、いくつか参加した感想がまとめられています。

そのひとりとして、じーくどらむす(岩本翔)氏が過去に参加した経験をスライドにまとめています。「コメントがたくさん来る」ということを皮切りに、「ゲーミフィケーション化された評価システム」など、Ludum Dareが独自の運営を行っていることなども参考になるでしょう。

またイベントにて実際にどのように開発しているかの模様は、じーくどらむす氏も参加したこちらの記事も参考になります。その他には昨年2019年のLudum Dareにて、吉祥寺のPicoPico Cafeにクリエイターが集まって開発を行ったことをまとめた、IGN JAPANに掲載された記事が詳しいです。これから参加を考えている方は参考にするとよいでしょう。

開発スキルを磨くことと、未来のアイディアに繋がる効果もある

ゲームジャムは、短い期間でゲームを一本完成させる体験ができることから、開発スキルを磨くのにうってつけのイベントです。

またゲームジャムで完成させたゲームのアイディアを、そのまま発展させて一本のインディーゲームタイトルに成長させ、Steamなどで販売に至っているケースも多々あります。

公式サイト:Ludum Dare 47

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です