小型携帯ゲーム機「Playdate」開発者向けツールPulpのパブリックベータが22年1月開始。ハード出荷は延期へ

小型ゲームハード「Playdate」がニュースを配信し、開発者向けのツール「Pulp」が2022年1月にパブリックベータを開始する予定であると発表しました。また、Playdate SDKが2022年2月配信とのことです。

また合わせて、本体の出荷時期の延期についても告知。バッテリーの不具合やCPU不足により、2022年の早期に出荷見込みとのことです。

Playdateは、同社がキュレーションした有名ゲームクリエイター20人の作品を同梱した形で発売され、AppStoreのようなストア機能はありません。プレイヤーはitch.ioなどの外部サイトから実行ファイルを購入するフローになると想定されます。
一方で、「Playdateはオープンなプラットフォーム」としており、Playdate SDKはWindows, macOS, Linuxで動作、開発言語はLuaまたはC言語となります。

Playdate公式サイト

igjd

IndieGamesJp.dev Moderator

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です