UnityでRPGツクールができるツール『RPG Maker Unite』の情報が一部公開

株式会社Gotcha Gotcha Gamesは、PC・ゲーム機向けRPGゲーム制作ソフトRPG Maker(『RPGツクール』シリーズの世界展開名義)の開発中の新作『RPG Maker Unite』の最新情報を公開しました。

『RPG Maker Unite』はゲームエンジンのUnity上で動作するツール。「より簡単にRPG制作を可能にする新しい製品」を目指して開発されてきました。今年2022年のリリースに向け、ツールの内容が解説されています。

シリーズ初・Unityで動くRPG Maker Unite

今までのRPG Makerは、独自のソフトウェアとして公開されていたものです。そんななか、『RPG Maker Unite』はUnityを通じて起動することを特徴としています。

Unityでは、2Dや3D向けゲーム制作を得意とするなかで、『RPG Maker Unite』は2DのRPG制作をやりやすくするツールとなることを目指しています。ポイントとなるのは「プログラミング知識不要でゲーム開発できる」をはじめ、従来のRPG Maker同様に、専門技術が足りなくともゲーム制作しやすいことでしょう。

RPGをゼロから作る場合、ストーリーやキャラクター、ゲームシステムなどの要素で作られていますが、本ツールはそれぞれの要素を作りやすくする仕様が実装。あらかじめRPGシステムの基盤が完成されています。

そのため、開発者はツールの機能を使ってキャラクターの画像を設定したり、キャラクターが目指す能力を数字で入力したりするだけで、RPGを作ることができるわけです。このように開発に専門知識が必要なセクションをスキップできると、その分ストーリーやゲーム内の演出作りに時間をかけられる、という利点もあります。。

長期的なゲーム制作効率向上を意識したエディタの進化


『RPG Maker Unite』ではさらに、長期のゲーム制作を視野に入れたクリエイターの作業効率向上を意識した仕様を目指しています。

『RPG Maker Unite』は従来のシリーズからUIとUXを一新し、同時に様々な情報を閲覧できるよう改良。従来の作りやすさを残しつつ、アクセスできる情報を増やし、同時編集も可能にすることで、膨大なゲーム制作作業を少しでも効率化することを重視しています。

シリーズ初のフルHD解像度導入で向上されたグラフィック表現


『RPG Maker Unite』ではグラフィックも大きく改良しています。RPG Makerシリーズ初のフルHD解像度を導入し、より美麗なグラフィックによるゲームの制作が可能になります。

フルHD解像度によってマップ表現や戦闘画面の臨場感も高められるとのこと。高解像度により、戦闘グラフィックも細かな表現や表情の変化を表現できるようになるそうです。よりグラフィックにこだわったをRPGを作ることもできる模様です。

このように年内のリリースに向け、RPGを作りたいクリエイターに向けて魅力を発信しております。より詳しい情報については、以下の公式サイトや公式Twitterにてまとめられています。

公式サイトはこちらから

公式Twitterはこちら

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。