UE4の新エフェクト機能「Niagara」コミュニティメイドのサンプルが公開

PaperSloth(Twitter: @PaperSloth)さんより、UE4の新エフェクト機能「Niagara」を使ったサンプルプロジェクトが公開されています。
UE4を使ったゲームジャムコンテスト「第回UE4ぷちコン」にて作者が応募したものから、コア部分のみを抽出したものになります。

「Niagara」は旧来のエフェクト機能「Cascade」に比べるとまだまだ開拓が進んでいない印象がありましたが、Unreal Engine 5のデモ映像では小動物の動きをシュミレートしたりとさらに進化が進むようです。
この機会にサンプルを使い、学習してみてはいかがでしょうか。

作者ブログ記事では、Niagaraの詳細やUE4の新機能について解説されています。

サンプルプロジェクトは、以下のリンクからダウンロード可能です。

GitHub

https://github.com/PaperSloth/NiagaraFireworksExample

Booth(投げ銭用あり)

https://papersloth.booth.pm/items/2371628

過去にとりあげた、同作者によるUE4キーコンフィグプラグインについての記事はこちら

Sig

インディーゲームクリエイター。 UE4を使いPC/PS4向けアクションゲーム「Link: RH」を開発中。ほかにもフリーランスでのソフトウェア開発、バーチャルアバター文化の普及活動など、幅広く手掛ける。 https://www.reminiscedev.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です