[UPDATE]HoudiniのUnity / UE4 エディター組み込み用エンジン(Houdini Engine)が無償化

[UPDATE 20210226]
公式FAQが公開され、IndieライセンスのHoudini Engine の利用数制限は変更なし、という内容であったため、記事を変更しています。

———-

Houdiniを開発・販売するSideFXは、Houdini EngineのUnity/UE4組み込み版について、商用も含めた利用が無償になったことをアナウンスしました。

https://www.sidefx.com/community/houdini-engine-for-unreal-and-unity/

HoudiniはDCCツールである「Houdini FX」ならびに「Houdini Core」によってプロシージャルなアプローチで3DCGモデリングを生成できるツールです。流体や煙などの表現に強いツールという側面もあります。

加えて「Houdini Engine」を利用することで、UnityまたはUE4のエディター上でも、プロシージャルなアプローチのモデルデータ作成が可能になります。壁や塔、木や階段など、一定のパターンやランダム性のある3Dモデルについて、アーティストが用意したパラメーターをエディター上で変更することにより、様々なサイズやバリエーションに対応したモデルを生成することができます。

Houdiniには元から「Houdini Indie」というインディー向けライセンスがあり、売上が1000万円以下の企業または団体であれば、1年間$269または2年間$399で利用できます。

https://www.sidefx.com/ja/buy/#houdini1

インディーゲームの開発現場においても、3DCGアセットの物量制作やバリエーションの制作需要は増えています。これを機会に、Houdiniを触ってみてはいかがでしょうか。

igjd

IndieGamesJp.dev Moderator

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です