ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC2021」8/24開催。インディーゲームに関係するセッションが2本予定

ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC2021」が8月24日~26日の開催を発表しました。今年も昨年からの新型コロナウィルスの影響を考え、オンラインによる開催を予定しています。

本カンファレンスでは、毎年様々な分野やテーマにせるセッションが行われます。現在公開されているセッション内容では、インディーゲーム開発に関わるセッションが2本予定されています。

インディー開発に役立つ2本のセッション

ゲームを作り始める前の「マーケティング」 ~開発者が知っておきたい12の知見

8月26日 13:30 〜 14:30

プロジェクトの企画段階において考えておくべきマーケティングの戦略についてのセッションになります。

現行のインディーゲームは “Indieapocalypse”(インディーのアポカリプスというスラング)以降、膨大なタイトルがストアに並ぶ一方でセールスが難しい状況にあります。こうした状況に対し、海外のカンファレンスで指摘されてきた「インディー開発者向けのマーケティング」を整理した講演を予定しています。

登壇はゲームライターの徳岡正肇氏。欧米でのゲームイベントやカンファレンスの豊富な取材経験をもとに、知見を共有していくかたちです。

はじめて書く!自分で書く!自社ゲームタイトルのプレスリリース

8月26日 13:30 〜 14:30

自作のゲームのプレスリリースをメディアに送付し、上手く掲載されるための技術について解説するセッションになります。プレスリリースがメディアに掲載されるタイミングはいくつかあり、ゲームライターという”記事を掲載する側”の視点から解説します。

メディアにプレスリリースを送るタイミングを把握した上でプレスリリースをどのように書くのか、基本的な方法を具体的に説明するほか、タイトルの特徴や魅力をプレスリリースに盛り込む方法も解説。メディアに取り上げられやすくするプレスリリース作成方法を語っていく予定です。

登壇は秦亮彦氏。弊誌でもHATA名義で、インタビューなどを寄稿しています。プレスリリースの書き方について、秦氏は過去にnoteにて「4つに分けて書く! ゲーム会社のプレスリリース!」を掲載。今回のセッションはこちらの考えを詳しく語る模様です。

いずれも専門家による、説得力の高い内容が期待できるでしょう。
CEDECでは他にも、ゲーム開発にまつわる講演が多数予定されています。受講パスは7/31まで早期割引が実施されていますので、興味のある方はぜひ受講登録をしておきましょう。

CEDEC2021 公式サイト

CEDECへの受講はこちらから

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です