書籍「インディーゲーム・サバイバルガイド」11/17発売。ゲームのリリースに必要なノウハウを集約した専門書

インディーゲーム開発者向けの専門書「インディーゲーム・サバイバルガイド」が、11月17日に発売となります。

Amazonで予約が始まっているほか、Kindleをはじめとした電子版も予定しています。
以下、プレスリリースより。

インディーゲーム開発者必携の
『インディーゲーム・サバイバルガイド』が
11月17日に発売決定!

株式会社技術評論社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:片岡巌)は、書籍『インディーゲーム・サバイバルガイド』を2021年11月17日に発売します。

■インディーゲームシーンを生き抜くための知恵
『インディーゲーム・サバイバルガイド』は、インディーゲーム開発者を対象とし、「ゲームを完成させる」「ゲームを知ってもらう」「ゲームを配信する」「ゲーム開発を継続する」という4つのテーマについての知見を集約した書籍です。
ゲームの「完成」に必要な要件や、プレスリリースの配信、展示会への出展、パブリッシャーとの契約など、PC/スマートフォン/家庭用ゲーム機向けにゲームを作る個人や小規模チームが、収益を得て活動を維持していくためのノウハウをまとめています。
インディーゲーム開発者みずからが執筆し、インディーゲームパブリッシャーPLAYISMが全編を監修した、インディーゲームシーンを生き抜くための知恵が満載の一冊です。

■開発者へのインタビューも豊富に掲載
さらに本書では、8人の開発者と開発者コミュニティ運営から、インディーゲーム開発に取り組むうえで重要なことについてのインタビューも掲載しています。
• 『アンリアルライフ』×『果てのマキナ』
• 『カニノケンカ』×『ジラフとアンニカ』
• 『TapTripTown』×『くまのレストラン』
• 『グノーシア』×『ALTER EGO』
• インディーコミュニティー「asobu」

■本書の概要
『インディーゲーム・サバイバルガイド』
一條貴彰 著
PLAYISM 監修
ISBN 978-4-297-12441-0
定価(2,680円+税)
2021年11月17日 発売
※Gihyo Digital Publishing、Amazon Kindle、honto等の各種電子書籍プラットフォームにおいても同日配信予定です。

公式Webサイト:https://head-high.com/survivalguide/
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/igsurvivalguide

■著者について
一條 貴彰(いちじょう・たかあき)
株式会社ヘッドハイ 代表取締役
個人ゲーム作家として、インディーゲーム『Back in 1995』を開発。2016年にSteamでリリース、2019年にNintendo Switch/PlayStation 4/Xbox Oneに展開。本書執筆時は次回作『デモリッション ロボッツ K.K.』を開発中。
コーディングの傍らで、ゲーム開発ツール会社の営業職に勤めていた経験を活かし、インディーゲーム開発者向けのツールやサービスを専門としたディベロッパー・リレーションズ事業を展開。技術書の執筆や、コミュニティー活動、インディーゲーム開発者向け情報サイト「IndieGamesJp.dev」の運営を通じて、日本でがんばる個人・小規模チームのゲーム開発者へ情報提供に努める。
2020年、インディーゲーム開発者専門のインキュベーションプログラム「iGi indie Game incubator」の創設メンバーとして関わり、現在はアドバイザーを務める。

■本書の目次
• 第1章:誰でもゲームを全世界へ販売できる時代
 インディーゲーム——ゲーム文化の新たな発信チャネル
 ゲーム作りをどうはじめて、どう続けていくのか
 つくったゲームをたくさんの人に遊んでもらうために
• 対談:みずからのスタイルを貫くための個人制作ゲーム——「アンリアルライフ」hako生活×「果てのマキナ」おづみかん
• 第2章:ゲームを「完成させる」ために必要なこと
 破綻しないためのプロジェクト管理
 工数を見誤りがちな実装
 快適に遊んでもらうための機能
 デバッグとリファクタリング
 完成の極意
• 対談:独立から家庭用ゲーム機展開へ、その道のりと苦闘——「カニノケンカ」ぬっそ×「ジラフとアンニカ」斉藤敦士
• 第3章:ゲームを「知ってもらう」ために必要なこと
 宣伝活動の意味
 宣伝素材の制作
 公式サイトの制作
 デモ版や体験版の開発
 プレスリリースの作成と配信
 そのほかの宣伝活動
 インタビュー:Unityがインディーゲーム開発者に支持される理由
• 対談:スマートフォンゲームの生存戦略——「TapTripTown」いたのくまんぼう×「くまのレストラン」Daigo
• 第4章:ゲームを「配信する」ために必要なこと
 税金・販売計画・契約・法律
 スマートフォンでの配信
 PC/家庭用ゲーム機での配信
 インタビュー:Epic Games Japanが推進するクリエイター支援
• 対談:小規模チームによるゲーム開発の現場から——「グノーシア」川勝徹×「ALTER EGO」大野真樹
• 第5章:ゲーム開発を「継続する」ために必要なこと
 ゲームイベントへの出展・展示
 SNSの活用
 ファン活動の促進
 ゲームのアップデートとエンドコンテンツの用意
 継続的なセールの実施
 ゲームの売上以外で活動資金を得る
 ゲーム作りの継続
• 対談:日本のインディーが海外へつながる「場」をつくる——「asobu」チャオ・ゼン&アン・フェレロ

■本書に関するお問い合わせ
株式会社技術評論社
担当:村下昇平
メール:[email protected]
電話:03-3513-6177

なお、本書は本ウェブサイト運営株式会社ヘッドハイの代表、一條貴彰が執筆しております。
当サイトでは本書に関連した特集をお届けしていく予定です。おたのしみに。

igjd

IndieGamesJp.dev Moderator

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です