カテゴリー: お勧め

お勧めの記事

『コーヒートーク』の開発者が経験を語る:持続可能なインディーゲーム開発者になる方法

2020年にSteamでリリースされたゲームの数は約1万でした。それほど競争が激しい、埋もれやすいインディーゲーム業界では、開発投資費用を回収できないゲームの話は珍しくありません。また、ウィッシュリスト登録者数が高くても、利益が必ずしも良いというわけではありません。例えば、冷戦末期FPS『INDUSTRIA』はリリース時に8万件のウィッシュリスト登録がありましたが、利益は次のゲーム開発投資には足らないと開発者のDavid Jungnickel氏が公開しました。

世界中のプレイヤーからテストプレイのフィードバックがもらえる!柔軟なテストを実現するサービス「Game Tester」インタビュー[PR]

[PR]本記事は「Game Tester」の日本展開を手掛けるGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社さまの提供記事です。 テストプレイをもっと手軽に、すべてのゲーム開発者へ みなさんはゲーム...

インディーはどのようにパブリッシャーにプレゼンをするべきか?マイクロソフトのインディー担当が体験をもとにコツを語る【CEDEC2021レポート】

CEDEC2021にて「グレーアート – インディーズのための事業開発の基礎」と題した講演が2021年8月25日に行われました。 講師は、マイクロソフトのインディーゲーム部門を担当している...