[UPDATE]Unityデザイナーズバイブル 6/1発売

Unityプログラミング・バイブルの姉妹編が登場します。

5

「グラフィックアーティストがUnityを始める」というコンセプトに主軸を置き、「UI制作」「モデル制作」「アニメーション」「エフェクト」を収録したボリューミーな技術書です。

「Unityゲーム プログラミング・バイブル」と同様に、トピックごとの構成となっており、興味があるテーマからお読みいただけます。また、これからゲームデザインに関わりたい方からでもお読みいただけるように、「初級編」「中級編」を設けています。
さらに、デザイン制作はUnityのみで完結するものではないため、外部のデザインツールとUnityとの連携についてのパートも用意しました。

デザイナーだけでなく、Unityのデザイン機能を知っておきたいプランナー、ディレクター、エンジニアにも役立つ1冊となっています。

●Unity 入門編
みんな大好き!「Unityを使ってみよう!」

●Unity 中級編
Section1: UnityでUI画面を作ってみよう!
Section2:グラフィック描画の基礎「レンダーパイプライン」を理解しよう!

●基本コンポーネント編
Anima 2D/Tilemap/TextMesh Pro/Timeline/UTS2.0

●実践ツール編
Shader Graph/Visual Effect Graph/Progressive Light Mapper/Post Processing Stack v2/Cinemachine/ProBuilder/Animation Rigging

●外部デザインツール編
Photoshop/Live2D/Houdini/Maya/Spine/Blender/UniVRM/SHOTGUN

[UPDATE] 2020/5/9 ボーンデジタル社より、詳細な目次が公開されました。

2020年6月1日からAmazonなどオンライン書店、各書店にて発売です。

igjd

IndieGamesJp.dev Moderator

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です