Weekly Report 2020/6/29

SNSで話題になったゲーム開発に関するまつわる小さなニュースを1週間分まとめてお届け。

weekly

ゲーム「Everything」のモデルデータがPWYW形式で販売

デイビット・オライリー氏の作品「Everything」に使用されたモデルデータ、239体の動物アセットが言い値で販売中。ゲームジャムに最適。

https://davidoreilly.itch.io/everything-library-animals

UnityでJpeg/MP4圧縮風のブロックノイズを入れるフィルタ

JPEG-MP4-Compression-PostProcessing-Effect-for-Unity3D

少し手を入れればMotion JPG風味のフィルタも作れるのでは!?

DefordエンジンがNintendo Switchをサポート

https://defold.com/2020/06/24/Defold-adds-support-for-Nintendo-Switch/

インディーゲームもDefoldで作られているインディーゲームもあり、それらのSwitch展開が期待できます。

「RPGツクールMZ」がエフェクトツールにEffekseerを採用

徐々に情報公開がされているRPGツクールMZですが、エフェクト部分にフリーのエフェクト開発ツール「Effekseer」を全面採用する発表をしました。

https://tkool.jp/mz/new_function/editor.html

EffekseerはUnity、UE4、DXライブリといったさまざまな環境に対応しているので、エフェクトが作れるデザイナーが増えていきそうです。楽しみ。

https://effekseer.github.io/jp/

オールドスクールなダンジョンマップが作れるwebツールDungeon Scrawl

見るだけでわくわくしますね

自分が作ったゲームが実況プレイ配信されているのを見ること by あさまど氏

まさにこれ これすぎる 展示会でもこれ 実際バグる 辛い

Takaaki Ichijo

株式会社ヘッドハイ代表。サークルThrow the warped code outとして『Back in 1995』『デモリッション ロボッツ K.K.』を開発

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です