iOSでUE4向けフェイシャルキャプチャを可能にする「Live Link Face for Unreal Engine」

Epic GamesはApp Storeにて、「Live Link Face for Unreal Engine」を公開しました。
これはUE4でフェイシャルキャプチャのデータを受け取ることが可能なアプリで、スマホひとつで人間の表情をゲームに落とし込むことが可能になっています。

対応バージョンはUE4.25で、連携させることでリアルタイムに顔の動きをキャプチャし、UE4のエディタ内のキャラクターに反映させます。
ゲームのカットシーンの動きを容易に作成できるだけではなく、他のバーチャルモーションキャプチャ機能と合わせてライブシーンで使うことが想定されています。
バーチャルカメラ、モーショントラッキング技術と合わせれば高クオリティなバーチャルキャラクターでのパフォーマンスが可能になるでしょう。

これらの機能はOSC(Open Sound Control)も使用可能で、他のアプリとの通信機能もフィーチャーされています。
個人的な使用からプロの映像制作シーンでも使用に耐えうるとのこと。
一歩進んだ表情表現を求めている方は要チェックです。

UE4のLive Link機能はこの記事で紹介したキャプチャ用途だけでなく、DCCツールとのリアルタイム連携もサポートしています。

https://docs.unrealengine.com/ja/Engine/Animation/LiveLinkPlugin/index.html

フェイシャルキャプチャに関する公式の情報はこちら

https://www.unrealengine.com/ja/blog/new-live-link-face-ios-app-now-available-for-real-time-facial-capture-with-unreal-engine?sessionInvalidated=true&lang=ja

アプリのダウンロードはこちら

Sig

インディーゲームクリエイター。 UE4を使いPC/PS4向けアクションゲーム「Link: RH」を開発中。ほかにもフリーランスでのソフトウェア開発、バーチャルアバター文化の普及活動など、幅広く手掛ける。 https://www.reminiscedev.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です