新型コロナの影響で延期していた「技術書典9」がオンラインで 開催決定。知見共有の場は今回ネットにて実現。

さまざまな技術に出会うことをコンセプトにしているイベント「技術書典」が、新型コロナウィルスの影響で延期していたイベント「技術書典9」をオンラインで開催することを発表しました

イベントの開催日時は2020年9月12日から22日まで。サークルの申し込みは8月1日から31日までを予定しています。サークルの審査と通知は8月7日から9月7日の間に行われ、その後、サイトで告知するスケジュールとなっています。一般参加、サークル参加ともに、公式サイトでのユーザー登録が必要です。

公式ブログでは「まだまだ調整中の内容もありますが新しいことも多く、いろんな意見を聞きながら作っていきたいと考えています」と述べています。

その模索として、今回は初参加の方向けにオンラインでの座学会も開催。休日版として7月26日(日)の13時~14時が開催され、平日版が7月30日(木)の19時から20時に行われる予定です。

技術書典は、毎年10数サークルはXRやゲーム開発についてのブースがあります。弊誌でも報じたCEDEC AWARD 2020のエンジニアリング部門優秀賞を受賞する実績を持っています。プロフェッショナルな現場でも技術者同士の知見を共有していくことが重要になってきており、本イベントはその場として大きな存在感を見せています。

公式サイト:技術書典

技術書典のTwitterはこちらから

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です