Unity公式ブログがインディー向けの「家庭用ハード移植」ヒント集を公開

Unity公式ブログにて、「Unity を使用したコンソールビデオゲームの開発に関するヒント」として、PC向けに作れたゲームのPS4/Nintendo Switch/ Xbox One移植のコツについて紹介されています。

記事内容は、まず各プラットフォームの開発者アカウントを取る事、開発環境のセットアップ、そして開発機材でのテスト実行について書かれています。(興味深いことに、各コンソールのメモリ容量についても記載があります)

また、家庭用ゲーム機向け移植の要であるパフォーマンス最適化についてもまとめられています。Unityプロファイラーを活用した最適化について学べます。ほかにも、家庭用ゲーム機独自機能へのアクセスや、パッチの作製、そのたの制約についても情報があります。

自作を家庭用ゲーム機向けの移植を考えているUnity利用者は必見です。

Takaaki Ichijo

株式会社ヘッドハイ代表。サークルThrow the warped code outとして『Back in 1995』『デモリッション ロボッツ K.K.』を開発

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です