「アニメーターの課題集 -動きの法則を理解するための第一歩-」が無償公開。ビデオゲームのアニメーションづくりにも生かせるメソッド

一般社団法人 日本動画協会が「アニメーターの課題集 -動きの法則を理解するための第一歩-」を公式サイトにて無償公開しています

これはアニメーターを目指している方や、若手のアニメーターの育成に向けて制作されたメソッドです。主に手描きの2Ⅾアニメーション向けにまとめられていますが、ビデオゲームにおいてもピクセルアートによるキャラクターアニメーションなど、共通する技術があるため、役に立つことでしょう。

クオリティのあるアニメーションを生み出すために

本メソッドでまとめられているのは、以下の内容です。

第1章 課題と出題
  • PART-1. 「立体を考える」
  • PART-2. 「物理を考える」
  • PART-3. 「運動を考える」
  • PART-4. 「発展応用」
第2章 解答例と分析
  • PART-1. 「立体を考える」
  • PART-2. 「物理を考える」
  • PART-3. 「運動を考える」
  • PART-4. 「発展応用」

【課題説明と出題】と【解答例と分析】の2章で構成されており、アニメーションのトレーニングとしてまず【課題説明と出題】から自分で実際に描いてみてから、【解答例と分析】を参考として見ることで、学習することを推奨しています。

本メソッドは主に2Ⅾアニメーションに焦点を置いており、とりわけ2Ⅾのプラットフォーマーなど、2Ⅾアニメーションを利用するジャンルのゲームを作るクリエイターにとって勉強になる内容となっています。

「アニメーターの課題集 -動きの法則を理解するための第一歩-」

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です