技術書オンリーイベント「技術書典12」がオンラインにて1月に開催。参加応募の締め切りは12月12日まで

テックベース合同会社は、技術書オンリーイベント「技術書典12」を2022年1月22日~30日にかけて開催することを発表しました。現在、参加の応募を募っており、締め切りは12月12日までとなっています

出展は無料。販売手数料は0%と20%の2種類が用意されており、売上の累計額が5万円未満の場合は0%。5万円以上となった場合に20%の手数料が徴収される形です

また、技術書典9,10,11(2020年9月~2021年7月に開催)からイベントに参加しているサークルは、そのイベント当時の条件が適応されると説明。売上累計が20万円未満の場合は手数料は0%で、20万円以上から20%を徴収するとのことです。

技術書典とは何か?

「技術書典」とは、イベント名どおりテック系の同人誌を販売することをメインとしています。さまざまなツールやプロダクトの使い方や作り方を解説する同人誌が販売されていることが魅力となっています。

ゲーム開発の分野でも本イベントに数多く参加しています。Unityなどゲームエンジンの使い方にアプローチした同人誌も多く、技術共有を考えているクリエイターやサークルは、知見をまとめた同人誌を制作し、参加してみるのはいかがでしょうか。

技術書典12のイベント概要はこちらから

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です