Unity URP Particle System用多機能シェーダ『NOVA Shader』OSSとして公開

株式会社サイバーエージェントは、Particle System用多機能シェーダ「Nova Shader」を公開しました。

NOVA ShaderはUnityのUniversal Render Pipeline (URP)に対応した、Particle Systemのための多機能シェーダです。

ビジュアルエフェクト制作でよく使われる汎用的な機能をまとめているので、効率的に高品質なエフェクトを作成できます

https://github.com/CyberAgentGameEntertainment/NovaShader/blob/main/README_JA.md

動作環境はUnity 2020.3 以上、Universal Render Pipeline、Shader Model 3.5となっています。

エフェクトのシェーダーは機能の違うものがたくさん作られがちですが、それらを整理し、汎用的な機能にまとめたもです。シンプルなUIアニメーションから、フェードやディゾルブ、ディストーション、発光表現といった機能が1つのシェーダーにまとまっています。

パラパラアニメのエフェクトアニメーションには、フレーム間の補間機能も備わっています。

Nova Shaderの開発はサイバーエージェントの矢野春樹氏。同社はゲーム部門の横断組織「SGEコア技術本部」を持ち、オープンソースプロジェクトを開始。「NOVA Shader」はその第一弾なのだそうです。機能については、同社のイベントCA.unity #3にて講演が行われました。近日、Unity Leaning Materialにて動画が公開される予定です。

CA.unity #3
https://meetup.unity3d.jp/jp/events/1333

「Nova Shader」ダウンロードはこちらから。
https://github.com/CyberAgentGameEntertainment/NovaShader/

igjd

IndieGamesJp.dev Moderator

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です