Stadiaがインディーゲームクリエイター向けの「Stadia Makers」を発表。Unityと提携した新たなプログラム

Googleによるビデオゲームのサブスクリプションサービス「Stadia」が、インディーゲームクリエイター向けのプログラム「Stadia Makers」を発表。ゲーム開発エンジンを提供するほか、様々な知見が高いUnityと提携し、Stadiaのコンテンツを強化する狙いです。

公式ブログでの発表によれば、このプログラムに参加したクリエイターへの利点は以下になります。

ゲーム開発の技術サポート:ゲームのα版からβ版の開発のほか、タイトルの認可からロンチまでのサポートを行います。

◆無料で開発キットを提供:開発チームの規模に応じて、最大で5つの開発キットを受け取ることができます。

資金面のサポート:ゲーム開発を行うあいだの経済面での不安を、このプログラムでは一部をサポートします。

現在Stadia Makersでは、Unity2019.3を使って開発を行うクリエイターや、2020年~2021年にリリースが見込めるタイトルを開発しているクリエイターを探しています。またリリースを予定しているタイトルのプラットフォームに、PCやコンソールの他にStadiaを加えることで、ゲームを広くプレイヤーに届けられるとしています。

これらの情報から、もしStadia Makersへの参加に興味をもったならば、こちらからプログラムへの参加が可能となっています。

株式会社ヘッドハイでは当プログラムに申し込みましたので、公開可能情報に限り追ってレポートいたします。

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です