韓国の「釜山インディーコネクトフェスティバル」がオンラインイベントとして開催決定。申し込みは6月30日まで。ルーキー枠は7月から募集を開始。

韓国のインディーゲームイベント「釜山インディーコネクトフェスティバル 2020」(以下、BIF2020)が、通常の開催からオンラインイベントでの開催を決定しました。

新型コロナウィルスの影響により、通常のイベント開催の延期を発表していたことを、弊誌でも先日報じています。当時から代替策としてオンラインイベントを検討しており、今回、それが実現した形です。

6月30日まで参加クリエイターを募集中

BIF2020では、開催に向けてクリエイターの参加を受け付けています。一般のクリエイターは6月30日までの募集を受け付けています。

また参加区分にはルーキー枠も用意。こちらは7月1日から7月14日にかけて参加を募集しています。ルーキー枠の条件は、大学院を除く学生であることと、25歳未満で就職していないクリエイターやグループとなっています。

一般枠とルーキー枠ともに参加タイトルの条件は、現在開発中のタイトルか、リリースして1年未満のタイトルです。昨今の時勢により、開催が危ぶまれたBIF2020ですが、オンラインで参加を考えてみるのもいかがでしょうか。特にルーキー枠に当たるクリエイターは、自作を海外にアピールするチャンスのひとつになるでしょう。

公式サイト:釜山インディーコネクトフェスティバル 2020

イベントの参加受付の概要はこちらから

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です