「3DCGアニメーション入門」が10月中旬に発売。様々な動きに応用できる基礎力が身につくメソッドが集約。

株式会社ボーンデジタルより、書籍「3DCGアニメーション入門」が10月13日に発売されることが決定しました。

公式サイトによれば、本書は「アニメーション初心者や新人アニメーターが最初に押さえておきたい「動きの基本概念」を丁寧に解説」したものと説明。「「動きの基本概念」に重点をおいているので、3DCGソフトの種類に関係なくキャラクターアニメーションを学べる」ことも大きな特徴に挙げています。

具体的なレクチャーでは「振り子の運動やボールのバウンド、物理法則という基礎知識から、アニメーションに欠かせない歩き・走り、そして応用となる跳び箱運動やピッチングなどの動き」を教えていくそうです。

ビデオゲームにおいては3DCGアニメーションは欠かせないものになっています。いまではBlenderなど無料化した3ⅮCG制作ソフトも揃っており、本書で勉強し、実践していくには良い環境となっているでしょう。

Amazonでの予約はこちら

公式サイト:3DCGアニメーション入門

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です