「BitSummit the 8th Bit」が9月に開催決定、オンラインとBtoB向け現地イベントが併催へ。出展エントリーは5月28日まで

インディーゲームイベント「BitSummit the 8th Bit」(以下、BitSummit)が9月2日~3日の開催を決定しました。いまだに続く新型コロナウィルスへの対処を考え、今年はデベロッパーやパブリッシャー、メディア等、関係者のみオフラインでの現地開催となり、京都市勧業館「みやこめっせ」にてイベントを開く予定。一般に対しては昨年通りオンラインによる開催となります。

昨年のオンライン開催の模様。
Discordにてイベントのチャンネルが開かれ、開発者と一般の交流も行われた。

イベントの開催に向けて、本イベントではクリエイターからゲームタイトルの参加を募集しています。公式にエントリーページが公開されており、5月28日の午前11時まで作品を受け付けています。

新型コロナ以降のイベントのあり方

今年も新型コロナの影響によって、ゲームイベントの開催形式についてどのイベントも悩ましい状況がかいま見えます。しかし今回のBitSummitでは、関係者向けだけでも現地開催する手段をとったことで、「現地イベントでの開催によって、さまざまなパブリッシャーやメディアなどとクリエイターが偶然の出会いをする」という、ビジネス上の効果を生み出すイベントの機能を回復させようとする意味もあるのでしょう。

しかし現在、大阪にて新型コロナの感染者数が増加し、東京でも再び増加傾向にあるなど、9月の開催までにまた情勢が変わる可能性も少なくはありません。いずれにせよ、今回のBitSummitにも注目でしょう。 

BitSummit the 8th Bit 公式サイト

エントリー希望はこちらから

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です