5/23~ UNREAL FEST EXTREME 2022 SUMMERが開催決定。インディー事例の講演として『くちなしアンプル』開発のCAVYHOUSEが登壇

UE5が正式リリースを迎えたアンリアルエンジンですが、毎シーズン恒例のオンライン上で開かれる公式大型勉強会「UNREAL FEST EXTREME」が5/23(月)~5/28(土)に開催されます。

今回はインディータイトル「くちなしアンプル」「まよなかガラン」を開発したサークル「CAVYHOUSE」が登壇し、開発事例を発表します。
「くちなしアンプル」はPS4/Nintendo Switch/Xboxといった多くのプラットフォームにリリースされているタイトルで、開発のフローなどを学べそうです。

インディーゲーム「くちなしアンプル」「マヨナカ・ガラン」制作事例
https://unrealengine.jp/unrealfest/extreme2022summer/program/game_cavyhouse.html

そのほか、ゲーム分野では「真・女神転生Ⅴ」「Ghostwire: Tokyo」といった最近リリースされた国内タイトルの制作事例や、エフェクト技術・最適化などの講演も。恒例となったノンゲーム分野の講演も充実しており、映像制作やVFXなどの技術はゲーム開発にも活用できるものがあるかもしれません。

公式サイトでは既にセッションの情報が発表されています。セッションの難易度は「甘口」「中辛」「辛口」「激辛」といった区分で分けられています。

UNREAL FEST EXTREME ’22 SUMMER

今回も初心者向け開発講座イベントが併催

また、今回は視聴者が作品を作ることで参加できるイベント「アンリアルクエスト3~グレイマンとつくる5つのショー~」が開催。

毎日の配信でお題が出題され、それに合わせてゲームを製作して学習できるコンテンツです。今回のテーマは横スクロールアクションゲームとのこと。
初級・中級・上級といった難易度や動画で配信される解答編なども充実しており、実践から学ぶよい機会になりそうです。

UUNREAL FEST EXTREME公式サイトはこちら

Sig

インディーゲームクリエイター。 UE4を使いPC/PS4向けアクションゲーム「Link: RH」を開発中。ほかにもフリーランスでのソフトウェア開発、バーチャルアバター文化の普及活動など、幅広く手掛ける。 https://www.reminiscedev.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。