ウェブテクノロジがクリエイター創作活動支援プロジェクトを開催。OPTPiX SpriteStudioを使用した作品が対象。賞金総額は100万円

ウェブテクノロジが新型コロナウィルスの影響を受け、クリエイター創作活動支援プロジェクトを発表しました。個人の製作活動や学生などを支援することが目的だと説明しています。

今回のプロジェクトでは、2DアニメーションツールであるOPTPiX SpriteStudioを使用したアニメーションのコンテストを開催。参加資格は「どなたでも」と書かれており、SpriteStudioのバージョンやエディションの制限も問わないそうです。

賞金の総額は100万円を用意するとのこと。金賞は10万円で、3作品が選出されます。銀賞は5万円、5作品が選出。部門賞も同じく5万円で、9作品が選ばれる模様です。

作品の応募受付開始は2020年5月初旬を予定。応募受付締め切は5月31日(日)到着分までです。コンテストの結果発表は6月の下旬を予定しています。公式ページにはOPTPiX SpriteStudioのデモ版や、アニメーション用のイラスト素材も用意されており、初心者でも触れやすくしています。

2Ⅾアニメーターやゲームクリエイターの方は、OPTPiX SpriteStudioを使用する機会とともに、コンテストの参加を考えてみるのもよいかもしれません。

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です