Steamゲームフェスティバルの参加申し込み期限は4月24日まで。リリース予定のゲームをアピールするチャンス

ビデオゲームのダウンロードサイト最大手であるSteamが開催する「Steamゲームフェスティバル」の参加申し込み期限が2020年4月24日と差し迫っています

Steamゲームフェスティバルは開催の翌年にリリースを予定しているゲームをアピールできるイベント。参加条件はSteamworks開発者アカウントを持ち、今回であれば、2020年6月15日から2021年の夏までにリリースを予定しているゲームがあることです。イベントは条件を満たしていれば複数のゲームを参加させることも可能です。

イベントには、ゲームのデモまたは短いプレイアブルを提供する必要があります。デモの提出期限は2020年5月15日までと発表されています。またイベントでは、開発者の出典歴や受賞歴といった情報を共有することを推奨しています。

このイベントの目的は、ユーザーにゲームを試してもらうことでリリース予定のゲームを知ってもらい、発売まで興味を持ってもらうことです。実際にゲームをプレイしてもらうことで、トレーラーだけでは足りないゲームの魅力をユーザーに伝えることを目指しています。

ライブイベントの模様
開発者は自作をブロードキャストでアピールしたり、ユーザーとコミュニケーションをとったりする。

また開発者はライブイベントを行うことで、自作をゲームプレイしてプレゼンできるほか、ユーザーと直接コミュニケーションを取ることでより広く自作をアピールできるため、推奨されています。ライブはSteamゲームフェスティバルの公式ページにて放映。現在、フェスティバルのスプリングエディションでその様子が観られます

いま、新型コロナウィルスの影響により、多くのイベントが中止や延期を発表する中でオンラインイベントに注目が集まっています。最大手のSteam主催のイベントだからこそ、自作を広める大きなチャンスとなるでしょう。来年までに完成が見込める、開発中のゲームがあるクリエイターは、参加がおすすめです。

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です