ゲームで読みやすいテキストUXを設計するには?気鋭のデベロッパーによる解説動画が公開。ストーリーゲーム開発者注目の内容

快適なゲームプレイを作り上げるために、スムーズな操作性やわかりやすいUIをデザインすることはよくわかることでしょう。

しかし、ストーリーを中心としたジャンルのゲームを開発する場合、「物語を伝えるために、いかにテキストを読みやすくするか?」も重要ではないでしょうか?

ゲーム開発・業界関係者向けのサイト「Gamasutra」にて、「読みやすいテキストUXをデザインする」という記事が公開。見過ごされやすいデザインについて、詳しい解説がまとめられています。

ストーリーを重視したゲーム制作に定評のある、気鋭のデベロッパーによる解説

GDC2018にて行った講演の動画

これは『80 Days』や『Heaven’s Vault』を代表作とするデベロッパー・Inkleが、2018年のGDCにて行った講演をもとに解説したものです。

Inkleの開発したタイトルは、いずれもストーリーを重視しています。そのため、プレイヤーにスムーズにゲームプレイしてもらうために、テキストの表現にはとても気を使ってデザインされています。

では、実際にどのようにデザインしているのでしょうか? GDCでの講演では「大事にしていることは2つ」と説明しました。

まず一つ目は「文字をアニメーションさせること」だといいます。Inkleはさまざまなデバイスにて、最適なタイポグラフィと文字の配置などを調査。そこでプレイヤーの視線を誘導させるのに、文字をアニメーションさせることが大事だと指摘しています。

ふたつ目は「テキストを読ませるため、不要な情報を削る」ことです。プレイヤーがテキストを読むことに集中できるよう、気が散ってしまう情報を切ることを重視しているといいます。

Inkleはこの2つをもとに、さまざまなテクニックによってテキストを読ませる体験を磨きあげていることを語っています。さらに詳しい内容を知りたいならば、上記の動画を参照してみてください。

元記事:Video: Designing text UX for effortless reading

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です