Nintendo Switchのダウンロード販売ストアがIARC汎用レーティングに対応。より円滑な販売プロセスへ。

任天堂がIARC汎用レーティングを取得したソフトのダウンロード販売を開始しました。公式サイトには、CEROによるレーティングの説明と共にIARC汎用レーティングの解説も記載されています。

IARCとは、国際年齢評価連合(International Age Rating Coalition)のことであり、デジタル配信されるビデオゲームのレーティングを目的としている国際組織です。本団体はビデオゲームのレーティング取得プロセスを簡素にしていることを特徴としています。

現在、SwitchでのIARCレーティングによる先行タイトルとして、アクションRPGの『The Legend of Ninja』とパズルゲームの『inbento : インベントウ』がストアに登場しています。

CEROを通さずに、スムーズな手続きで販売が可能になる?

今回の発表は、日本国内でビデオゲームのダウンロード販売において国内のCEROを通さずに成立するというメリットがあります。

今回の任天堂による発表以前でも、PSストアにてIARCレーティング取得タイトルによる販売ケースではとみられる事例がありました。弊誌では先日「国内PSストアでIARCレーティングのタイトルが一時販売されるも取り下げへ」という記事を掲載しています。初報ではPSストアにビデオゲームを販売するとき、IARC汎用レーティングを取得していれば、CEROレーティング審査を行わずとも販売可能になる、と初報でまとめています。しかし後で、IARCのみのタイトルが取り下げられること(誤表記の可能性もあり)になり、「IARCレーティングによる販売は何からのミスであった可能性が高い」と記事を更新しました。

一方、マイクロソフトはXbox One向けタイトルを含めたMicrosoft Store上でのIARCレーティングによる販売が認められています。今回の任天堂もそれに続く発表となったことで、コンソールにおいてもダウンロード販売の環境が改善しつつある、と言えるでしょう。

レーティングに関する注意点

IARCの注意点として、IARC自体がダウンロード販売専用の制度です。そのため、パッケージ販売においてはCEROの審査は依然必要と思われます。パッケージで海外展開する際にも各国の団体による審査が必要になります。しかし現在はダウンロード販売が主流であり、とくにインディーゲームではダウンロードベースの審査を行うIARCレーティングがジャンルの環境に適切とも言えるでしょう。

また、IARCを使ったからといって各国のレーティングそのものが取得できるわけではない、ということに注意しましょう。あくまで「相当」のものになり、IARCを採用していないPSストアやSteamなどではマークは流用できません。

レーティングの参考記事:

そしてなりより、今回のIARC対応はあくまで任天堂のダウンロードストアとユーザー向けのガイドから推定されるものです。実際のゲームリリースにかかる正確な情報は、任天堂のディベロッパー・パブリッシャー向けの機密事項となります。販売を考える際は、必ず任天堂の開発者向けサイトの内容をご確認ください。

Nintendo Developer Portal
https://developer.nintendo.com/

インディークリエイターがIARC汎用レーティングで販売できることの恩恵

いずれにせよ、日本国内でインディーゲームの販売を考えた時、CEROレーティングの取得は大きな障壁となっていました。

審査に一定費用が必要になり、それが一部のダウンロード版販売のビジネス規模と釣り合わなかったこと、ゲームのROMデータではなくビデオ制作が必要なことなど、手続きに大きなコストがかかっていたためです。これは小さなバジェットのゲームを制作するチームにとってはやりにくい環境だと言えるでしょう。

一方IARCレーティングでは、レーティングを無償で受けられるというとても大きな利点があります。しかもオンラインの申告のみでレーティングを取得できるため、規模の小さなインディークリエイターにとっては非常に有効なものとなっています。

加えて負担が減ると見られるのがパブリッシャーです。規模の小さなタイトルに対して、CERO審査料金の負担でダウンロード版の販売を断念する、という機会損失がなくなります。これはパブリッシャーに販売を依頼するデベロッパーも大きなチャンスとなります。リリースに必要な最低費用が下がるため、低価格でサクッと遊べるタイプの小さなバジェットによるタイトルでも、取り扱ってもらえるチャンスが増えるためです。

現在、コンソールにおいてもダウンロード販売が活況となっているため、IARCレーティングとはそうした時代の趨勢にあったかたちの審査方法ともいえるでしょう。任天堂が舵を切ったことで、また大きく状況が変わるものと見られます。

本記事は[ @葛西 祝 執筆のものに @Takaaki Ichijo が加筆修正の上公開しています。]

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です