フォントワークス、Google Fontsへ日本語8書体を提供。ゲームにも利用可能なライセンス

フォントワークス株式会社が、「Google Fonts」へ8書体の提供を開始しました。

これに合わせて、Githubにてフォントデータが公開されています。

https://github.com/fontworks-fonts

Githubリポジトリのライセンスにかかる説明は次の通りです。

個人利用・商用利用にかかわらずどなたでも無料でお使いいただけます。

ゲームやアプリなどへの組み込みやwebフォントとしての利用も可能です。

このフォントを使用し、派生フォントを作ることもできます。ただし、配布の際はSIL Open Font Licenseに基づいてリリースする必要があります。

SILライセンスについて詳しくはSIL Open Font License 1.1 日本語訳または同梱の「OFL.txt」(英語)をご確認ください。

https://github.com/fontworks-fonts/Rampart/blob/master/README-JP.md

Google Fontsの他のライセンス同様、「SILオープンフォントライセンス」で提供されます。SILライセンスは、著作権とライセンスの表示をゲーム内に行うことが必要となりますが、かなり広い範囲で利用できるライセンスです。

Google Fontsは、Googleが提供するwebフォント向けのサービスです。webサイトに利用できるほか、ゲームへの組み込みも可能です。これまでも、Unity WebGLビルド用に日本語フォント「Noto Sans JP」が利用されたり、中国語のフォントとして「Noto Sans CJK」が広く使われています。

今回、新しく日本語フォントの選択肢が増えた形です。フォントはゲームの雰囲気に影響する大きな要素です。自作のクオリティアップに、ぜひこの8書体を検討してみてはいかがでしょうか。

Takaaki Ichijo

株式会社ヘッドハイ代表。サークルThrow the warped code outとして『Back in 1995』『デモリッション ロボッツ K.K.』を開発

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です