[書籍]UE4でコーディング。Unreal C++でゲーム開発するチュートリアル電子書籍が販売中

Unreal Engine 4でゲームを開発する際、プログラムにはふたつの手段があります。
ビジュアルスクリプトであるブループリントと、従来のプログラム方法であるUnreal C++です。
ブループリントは視覚的に分かりやすく初心者にも有用なものですが、一部の処理においてはC++のコードで書いた方が処理速度に分があるとされています。

この本では、ブループリントの処理と同じものをUnreal C++で実装するチュートリアルが学ぶことができます。シンプルなシューティングゲームの開発を通じてUnreal C++の仕様や詰まりやすい点について詳しく説明されています。
決してブループリントを排除するわけではなく、Unreal C++と併用してうまく付き合っていくスタンスとなっています。
BPやC++を既に触っていて、処理をC++にコンバートしてみたい方に有用な一冊です。

Booth商品画像より

注意点として、本書の対象はブループリントや通常のC++の基本的な書き方について基礎知識がある方となっています。未経験の方は、一度UE4公式のオンラインラーニングを使って基本的な事項を確認してから読むといいかもしれません。

購入リンクはこちら(Booth)

https://booth.pm/ja/items/1193664

UE4公式オンラインラーニングはこちら

https://www.unrealengine.com/ja/onlinelearning-courses

Sig

インディーゲームクリエイター。 UE4を使いPC/PS4向けアクションゲーム「Link: RH」を開発中。ほかにもフリーランスでのソフトウェア開発、バーチャルアバター文化の普及活動など、幅広く手掛ける。 https://www.reminiscedev.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です