ホラー環境音製作に最適なフリーVST「Horror Box 2 Lite」

環境音素材を用意するのは骨が折れるものです。DAWを使って尺を調整し、連結し……といった作業は時間がかかりますし、必要な効果音が手元にない場合は新たに雰囲気に合うものを探しに行かなければなりません。
必要な機能を持ったVST(作曲用の音色プラグイン)を使用し、音を自作してしまうのも手かもしれません。

Electronik Sound Labより、ホラーゲームのおどろおどろしい環境音を製作するのに適したVST「Horror Box 2 Lite」がリリースされています。
基本的に無料で使用できますが、機能を増やしたフルバージョンが€11.50で販売中です。

どんな音色を作ることができるかは、この動画で一目瞭然です。

「Horror Box 2 Lite」のみを使用して、動画で流れているようなアンビエントサウンドが再現可能です。

比較的簡単に使用できるのも利点のひとつです。
搭載されているパラメータが簡潔で、変化も分かりやすいでしょう。

アタックやサステインなどの基本的な効果に加えて音がぶれたり震えたりする効果、さらに8つの効果音レイヤーを組み合わせてクリーチャーの鳴き声や水の音を重ねることができます。
チャンネル・トラックに分けて出力すればホラーシーンで使える環境音が出揃うのではないでしょうか。

恐怖を煽るオリジナル演出を作る際に一躍買うでしょう。
無料のDAW(作曲ツール)でも使用可能なので、試してみてはいかがでしょうか。

「Horror Box 2 Lite」はGumroadにて入手・購入できます。

Sig

インディーゲームクリエイター。 UE4を使いPC/PS4向けアクションゲーム「Link: RH」を開発中。ほかにもフリーランスでのソフトウェア開発、バーチャルアバター文化の普及活動など、幅広く手掛ける。 https://www.reminiscedev.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です