Google Fontsに新しいフォントがさらに追加。ゲームへの組み込みにも使用可能

Google Fontが新しいフォントを追加したことを発表しました。本Webフォントのサービスは基本的に無料で利用でき、様々な言語のフォントにも対応している点が大きな特徴です。フォントは公式サイトよりダウンロードして使用することができます。

Google Fontsは以前もフォントワークス社製のフォントを追加していましたが、今回さらに日本語フォントが拡充しています。

今回追加されたフォント

今回、追加されたフォントは以下になります。

  • Glory
  • Azeret
  • Mono
  • Alumni
  • Sans
  • Urbanist
  • Allison
  • Besley
  • Klee
  • Kaisei

日本語フォントとしては、font-kai (https://font-kai.jp/)による「解星」シリーズ、フォントワークスからはさらに2書体「Klee One」「Rampart One」、Gutenberg Labo(https://gutenberg.osdn.jp)からは「オとマのペ 」、satsuyako(https://satsuyako.com/)による「ひな明朝」「よもぎフォント」が追加されました。

また、IBM Plex, Kumbh Sansといったフォントもアップデートが発表されています。

気になるライセンスの問題は?

さて本フォントを使うにあたって、ライセンスの問題は少々気になるかもしれません。Google fontsはオープンフォントライセンスとなっており、基本的に無料で使用が可能です。

商用利用も可能であり、ソフトウェアに組み込んでの利用にも制約はありません。ゲームに使用することも問題はないため、今回のフォント追加や既存フォントのアップデートを機に、自作に利用するのはいかがでしょうか。

Google fonts公式サイト

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です