4/23-24「TOKYO SANDBOX 2022」の作品コンテストが追加発表、優勝者へスポンサーによる賞金90万円を提供

インディーゲームイベント「TOKYO SANDBOX 2022」が今月4月23日~24日にかけて開催されます。これは毎年の上半期に東京で行われるイベントであり、さまざまなクリエイターが参加するほか、音楽やトークショウなども織り込んでいることを特徴としています。

2020年と2021年は新型コロナウィルスの蔓延により、開催を休止していました。今回、2年ぶりに開催されることになります。

イベント中に開催されるビデオゲームコンテストが追加発表

今回「TOKYO SANDBOX 2022」で目玉となるイベントとして、作品コンテストが発表されました。これはゲームコマース企業のXsollaがスポンサーとなり、優勝者には賞金90万円が与えられることが特徴です。また、本コンテストに参加したすべてのスタジオは、Xsolla決済プラットフォームのスポンサードを受けることが可能になります。

今回のスポンサーによるコンテストの目的は「世界のゲームファンが日本のクリエイターにアクセスできるように設計する」とされており、「ゲームの良し悪しを判断または比較することではなく、クリエイターが完成品を実現することを奨励し、経済的に支援すること」と公式には説明されています。 久しぶりの「TOKYO SANDBOX 2022」は、どんなゲームがコンテストに選ばれるかも注目でしょう。

公式サイトはこちらから

■一般チケットのお買い求めはこちらから

葛西 祝

ジャンル複合ライティング業者。ビデオゲームを中核に、アニメーションや映画、アートから文学、時に格闘技に至るまで多様なジャンルを横断して執筆している。 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。